つくば フォーラム 2019。 NTT技術ジャーナル(2019 Vol.31 NO.2)

NTTアクセスサービスシステム研究所

つくば フォーラム 2019

また、入場対象者の設定があり、どなたでも入場できるものではありません。 2020. 2019年11月19日 つくばサイエンスコラボ2019が開催されました 令和元年11月16日及び17日に「つくばサイエンスコラボ2019~科学と環境のフェスティバル~」がつくばカピオ・大清水公園で開催されました。 2019. 2019年10月31日(木)~11月1日(金)に、NTTアクセスサービスシステム研究所(つくば市)で開催される『』に出展いたします。 写真4 技術交流サロン 展示概要 AS研からの出展にとどまらず、共催団体およびNTTグループ各社の最新の技術に関する展示が行われました 写真5、6。 11 を掲載しました。 また、今年に入りAS研の敷地に完成した「架空構造物総合検証設備」は電柱や支線にかかる荷重の影響を実物スケールで検証する施設であり、会場ではその展示も行われる。 まず、お客さま接点の自動化に関する取り組みでは音声によるお客さまからの問合せに対して、AI 人工知能 技術やビッグデータ解析を活用することで、お客さまの音声対応に加え不具合診断までを自動対応で実施することで解決を行う取り組みを紹介しました。

次の

NTT技術ジャーナル(2019 Vol.31 NO.2)

つくば フォーラム 2019

2017-10-13 09:00:00• 2017-06-26 09:00:00• なお、幅広いパートナーとの協創により新たな価値を創出していくと説明しました。 これには、雑音除去の技術等による従来は把握できなかった微小な変化を測定する超高感度測定が必須となる。 再開日につきましては、4月1日 水 を予定しておりますが、状況が変わりましたら改めてご連絡いたします。 2018-01-26 09:00:00• また、保守自動運転チャレンジではネットワークの故障を検知し、回復作業からお客さま通知まで一連の作業プロセスをオーケストレーションする自動化システムを用いることで対応時間を従来の作業に比べ、大幅に高速化することを実現できたと述べました。 1の実績があり、販売パートナーは現在700社を超える状況であると説明しました。 青柳所長は「この課題を解決する方法として、プロトコルを気にすることなくネットワークを管理制御する仕組みを考えている。 一方で、こういった生産性向上の取り組みは限界に達してきているため、生産性向上を非連続的・質的に変化させていくことが必要な時代になってきていることを強調し、効率的な設備業務運営に向けた取り組みを紹介しました。

次の

NTT技術ジャーナル(2019 Vol.31 NO.2)

つくば フォーラム 2019

2019年03月11日 第27回筑協「つくば3Eフォーラム委員会」を開催しました 3月7日(木)に文部科学省研究交流センターにおいて,第27回つくば3Eフォーラム委員会を開催しました。 先行待機型ポンプの無注水化技術の開発 近年、局地的な大雨や震災による断水時でも、迅速な排水運転を可能にする排水ポンプが求められています。 01 お知らせ を掲載しました。 その実現にあたり、ユーザの端末・ネットワークの要件に依存しないアクセス系管理制御技術が必要となる。 つくば3Eフォーラムでは、約80件の出展の中から優れたものの表彰を行いました。

次の

NTT技術ジャーナル(2019 Vol.31 NO.2)

つくば フォーラム 2019

2019. また,各TFの活動や「第17回世界湖沼会議展示会」,「つくばサイエンスコラボ」,「第12回つくば3Eフォーラム会議」について報告がありました。 現地作業のスマート化の例として、MMS Mobile Mapping System による電柱のたわみを測定する新たな診断技術を挙げました。 次に、さまざまな社会課題解決に向け、高速性・低遅延や高精細映像等を活用した5つの5G応用事例を説明しました。 ご来場を心よりお待ちしております。 さらに、FASAの適用例として、モバイル基地局収容PON Passive Optical Network やVirtual OLT Optical Line Terminal を紹介しました。 例えば、技術交流サロンのテーマの一つである「災害対応」の観点で考えると、災害の復旧現場に携わった担当者の声が研究に活かされるのであれば、災害時における通信の信頼性が更に高まると期待できる。 2018年10月吉日 つくば医工連携フォーラム2019 大会長 亀田恒德 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構. 一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会 CIAJ 全国通信用機器材工業協同組合 全通協 とともに、より安心・安全で豊かな社会の実現をめざして、ライフラインである通信ネットワークを支えるさまざまな関連製品・ソリューションを紹介しました。

次の

NTT技術ジャーナル(2020 Vol.32 NO.2)

つくば フォーラム 2019

最後に、2019年の7月より進めているテクノロジパートナープログラムを通して、パートナーの皆様と一緒にお客さまの利用価値を高める取り組みを行い、さらにDXを推進していくと述べました。 2017-04-08 09:00:00• ドライブテスト用のツールも用意されている。 2019-03-07 09:00:00• そして、今後このような技術を積極的に活用していき、DXによる自動化領域の拡充を図り、さらにはこれらDX技術を法人のお客さまへ積極的に提案していきたいと述べました。 「簡単」を支える製品強化の取り組みとしてCast on Callという新たなサービスや輪郭マッチング、仮想化対応強化、さらに2020年提供予定であるv. また,各タスクフォースの活動や「つくばサイエンスコラボ」,「サイエンスツアー」について報告がありました。 今のアクセスネットワークを支えていく短期的取り組み、将来のアクセスネットワークを切り拓く中長期的取り組みについての展示を通じ、アクセスネットワークの変革を共有できる場として充実したイベントとなりました。 AS研の最新の研究開発および今後の動向をはじめ、出展各社のさまざまな展示に高い関心が寄せられました。 安全性、ダイバーシティを考慮し、作業性を重視した、興味を引く会員各社の最新の取り組み状況を紹介しました。

次の

NTTアクセスサービスシステム研究所

つくば フォーラム 2019

2020. 他、工具管理に役立つ「UHF貸出管理システム」も紹介される。 プログラム等のをご覧ください。 08 お知らせ. ぜひご来場下さい。 ここ数年間は過去最高利益を更新し続けていることを示し、その大きな2つの理由を紹介しました。 2017-10-27 09:00:00• 詳細およびお申し込みは、をご覧ください。 2016-10-18 09:30:00• 2018-04-10 09:00:00• 会場は立ち見が多数出るほどの盛況ぶりで、多くの聴講者から「参考になった」との意見をいただきました 写真4。 また、従来より紹介されている、EXFO社の小型OTDR「MAX-720C」、メタルケーブル障害位置測定器「MAX-610」、Softing社製LANケーブルテスター「ワイヤーエキスパート WX-500R」等も展示される。

次の

NTTアクセスサービスシステム研究所

つくば フォーラム 2019

31 お知らせ を掲載しました。 今年のテーマは、「食でつなぐ医・農・工連携 -Society5. 2020. 青柳所長は「従来は机上の計算で荷重を検証していたが、これは実際の電柱で検証できる設備だ。 これらの技術が完成すれば全ての管路の絶対座標取得が可能になる。 55㎛)同時測定も可能です。 これらのビジョンを実現するためにNTTコミュニケーションズではデータ流通プラットフォームの構築に取り組んでいると紹介しました。 05 Webアンケートサイトと講演資料ダウンロードサイトを開設しました。 他に例年好評な単独柱8-2の曲げ破壊試験と、新規でクランク柱の展示、8-2の建柱冶具やアシスト車の展示等を考えております。

次の

NTT技術ジャーナル(2020 Vol.32 NO.2)

つくば フォーラム 2019

2018-06-05 09:00:00• 写真8 出展社イベント 開催結果の総括 両日とも晴天に恵まれ、約1万200名の方にご参加いただき、また海外からも多くのお客さまをお迎えして無事にフォーラムを開催することができました。 また、「光ファイバセンシングを活用した環境モニタリング」や「地下管路位置の絶対座標管理」が通信事業者の枠を超えて活用されるようになれば、日常生活の利便性や、社会インフラ運用の効率化に役立つだけでなく、災害時の迅速な状況把握、ひいては迅速な対応に繋がるのではないかと感じた。 ワークショップ3 NTTアクセスサービスシステム研究所 無線エントランスプロジェクト 鬼沢武プロジェクトマネージャが「多様なサービスを支えるワイヤレス技術」と題して講演を行いました。 例えば、ユーザが持ち出しした際の貸出品が一覧表示され、返却する貸出品を読み取ることで、返却確認を実施する。 基調講演 田辺博NTT東日本 常務取締役が、「NTT東日本の事業動向及びネットワークの取組み」と題して講演を行いました 写真1。 INFORMATION つくばフォーラム2020開催日程 2020年10月29日 木 、30日 金 を予定しております。

次の